緊急事態宣言に伴う診療のお知らせ

緊急事態宣言が発令されましたね。

鍼灸師は医療国家資格であり、医業の類であることから、今のところは自粛要請には該当しておりません。

皆さんの健康維持、免疫力維持のためにも、様子を見ながらしばらく診療は続けようと思います。

ご予約済みの患者様は遠慮なくキャンセルしてください。その際はご連絡いただけると幸いです。

0473464276

09044177602

新規の予約は5/11以降を目処に再開するつもりです。

その後の状況により、変更いたします。

よろしくお願いします。

(ここからは私見なので、興味のない方は読まないでください)

さて、新型コロナなんですが、備蓄、現金の準備など、予め準備された方は慌てることなく自宅でリラックスしていてください。

一番大事なことは『心配しすぎず、コロナコロナと情報を追わない』ことです。

なんでもよろしい。オンラインで映画見たり、ゆっくりと読書をしたり、鬼滅の刃を大人買いして全巻一気読みなんかもいいのではないでしょうか?診療は様子をみながら対応することになりそうですが、完全に引きこもり生活に移行したら私は子供と一緒に『あつまれどうぶつのもり』をがっつりやり込んだり、自室を年末にはトレーニングジム化させてあるので、筋トレも問題なく行いながら楽しむつもりです。

そうこうするうちに数字的にはおさまっていくのを待つことが肝要となります。

大事なことは不確かな情報、メディアによる不安誘導に囚われるのではなく、ウイルスに対して正しい知識を持つこと、人間がもつ身体の知性(イネイトインテリジェンス)を信じて心を穏やかに過ごすことです。

コロナ以外のことに心を向けて、日常生活を家でするだけです。『コロナが怖い』と怖れにとらわれる時も、『コロナに負けるか!』、と気合を入れることも結果、感染症に心が向いていて思考がコロナにとらわれることになります。

本来、インフルエンザでも風邪でも、気にもしないで仕事でも趣味でも夢中になっていればかかることはほとんどないのです。恐れや不安が人体のエーテル、エネルギーライン、経絡系に影響して、そこが病気の元となるからです。

衛生管理、食事のバランス、睡眠の確保、そして心の開放です。

あとは待つだけです。

私はこれを機に、自身の日本人の本質を再構築したいと思っています。

前の記事

新型コロナウイルス関連