東洋医学と春の過ごし方

 

 

 

桜が満開になり、初夏の陽気の日も増えてきました。

 

 

東洋医学では、春は「木」の季節であり、成長、肝臓、筋肉に関係する季節です。

 

 

冬のあいだにこもっていた気を伸び伸びと発散させる時期でもあります。

 

 

毛穴を開いて汗をかいていくと良いのですが、風はまだ冷たいので

 

 

汗冷えしてしまわないように、こまめに下着を変えましょう。

 

 

 

これまで不摂生にしていた場合、めまいなどの体調不良や痛みも春に芽吹きやすいものです。

 

 

いわゆる「自律神経系」の不調をおこしやすい季節でもあります。

 

 

 

早めに鍼灸を受けて、自律神経のバランスを整えておくことをオススメします!