夢の診断(占いではなく)

 

 

紫陽花が咲きはじめていよいよ梅雨っぽくなって参りました。季節の変わり目で眠りが浅い方が増えているようです。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今週は、鍼灸師仲間や患者さんから夢の話をされることが多かったように思います。
「堕ちる夢と同時に目が覚める」「水に浸かっている夢を見た」「夢の中で泣いていた」など。

 

 

「夢にも体調関係ありますよね〜」なんて話したりしてます。

 

 

では具体的にどう関係するのか?についてをお話ししますね。

 

夢占いではありませんが、東洋医学では、夢にも身体の状態が反映されることになっております。

 

 

詳しくは

黄帝内経霊枢43「淫邪発夢篇」から

 

 

では、東洋医学的夢診断を簡単に…

 

 

①気の陰陽のバランスについて



陰氣盛 則夢渉大水而恐懼 
「大水の河をおどおど恐れながら渡る夢」体が冷えて、陰気が盛んな状態



陽氣盛 則夢大火而燔焫 

「大火事の夢」身体に熱が多く、陽気が盛んな状態



陰陽倶盛 則夢相殺 

「殴り合う夢」陽気と陰気が盛んな状態

 

 


②気の上下のバランスについて



上盛則夢飛
「空を飛ぶ夢」上半身の気が盛ん(多い)であることを示す。



下甚則夢墮
「落ちる夢」下半身の気が盛ん(多い)であることを示す。

 

 

③食欲について

 

 

盛飢則夢取 
「物を盗る夢」飢えている状態

 

 

甚飽則夢予 

「人に物をあげる夢」お腹がいっぱいの状態

 

 

その他、五臓六腑の状態についても記述されています。長くなってしまいますので、今日はここまでにして、次回へ続きます。